トップページ > 足のむくみの原因とは? > 静脈還流障害の要因

チェック
  • 足のむくみの原因とは?
  • 足の静脈の特徴
  • 静脈還流障害の要因

静脈還流障害の要因

「静脈還流障害」とは、下肢の静脈の血流が滞ることによって引き起こされる疾患で、初期症状には足のむくみ・だるさ・重さ・疲れ・つっぱり感・痛みなどがみられます。静脈還流障害にかかる要因としては、以下があげられています。

  • 長時間の立位・座位
  • 運動不足
  • 年齢(高齢)
  • 遺伝
  • 肥満
  • 妊娠

静脈還流障害の要因として、「長時間の立位・座位(立ちっぱなし・座りっぱなし)」「運動不足」「肥満」があげられていますが、こうした二次的要因は、ライフスタイルや食事に関係するものであるため、普段の生活を改善し、なるべく歩く習慣を身につけたり、食事に気をつけたりすることで、リスクを軽減することが可能と考えられています。また、長時間の立位、座位を避ける、寝るときは少し足を高くするなど日常のセルフケアで改善が見られることもあります。
※アンチスタックスは、妊娠中に服用することはできません。

監修:日本静脈学会名誉理事長 福島県立医科大学名誉教授 社会医療法人福島厚生会 福島第一病院理事長 星野俊一先生

▲ページ上部へ

・この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。

・3週間位服用しても症状がよくならない場合、また症状の改善がみられても12週間(約3カ月)を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。