• Check
  1. アレジオントップ
  2. >花粉症のはなし ~原因とメカニズム~
  3. >花粉症のモーニングアタック ~快適な朝のためには夜の対策も重要~

花粉症の
モーニングアタック
~快適な朝のためには夜の対策も重要~

モーニングアタックとは

花粉症などのアレルギー性鼻炎の人が朝の起きがけに、鼻水や発作的なくしゃみなどの鼻炎症状が表れることを指します。調査でも花粉症の人の多くが「朝」の時間にひどい症状に悩まされていることが分かりました。

朝の鼻炎症状でこんなこと、ありませんか?

朝の鼻炎症状でこんなこと、ありませんか?

花粉症の方の多くが、モーニングアタック(朝の発作的な鼻炎の症状)に悩まされています。

なぜモーニングアタックが起こるのか

「モーニングアタック」が起きやすい理由として、

  1. 夜間、床の上に落ちた花粉やハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むため

  2. 起床時やふとんをたたむ際に、アレルゲンが空中に舞い上がるため

  3. 起床時に自律神経が副交感神経優位から交感神経優位の状態に切り替わる事によって、一時的にバランスが乱れて鼻が刺激過敏になるため

  4. 朝の鼻水の中に、(炎症の誘導について中心的な役割を担う)好塩基球が増加するため

などの説が挙げられています。
しかし、モーニングアタックは花粉の侵入の少ない室内においても、花粉症の症状が朝に見られることから、前述の理由①②よりも③のような自律神経のバランスの乱れが主な原因と考えられています。

自律神経について

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、活動的な昼間は交感神経が優位に働き、休息時や夜間の睡眠時は副交感神経が優位になります。朝は自律神経が夜間の副交感神経から日中の交感神経に切り替わる(血管が収縮する)ため、両者のバランスが一時的に乱れてモーニングアタックの症状が出やすくなると考えられています。

朝、花粉症の症状があることによっておこる、生活への影響

朝、花粉症の症状があることによっておこる、生活への影響

花粉症シーズンは朝のスタートダッシュがなかなかうまくいかないようですね… だるくつらい状態から、気持ちよく1日を過ごすには、モーニングアタックの対策が肝心です。「モーニングアタック」対策は知ることから。朝のつらい鼻炎にしっかり対策を!

花粉・鼻炎の症状が最もつらいのは...「モーニングアタック」

花粉・鼻炎の症状を最もつらく感じた時間帯

エスエス製薬が調査をした結果、花粉・鼻炎の症状をもっともつらく感じた時間帯は「起床時」という結果が得られました。

他にもみんながどのような鼻炎に悩み、対策をおこなっているか調査を実施!

花粉症の症状は「夜間」にも...

夜間にも花粉は多く飛んでいる
室内に入りこみ床に落ちていた花粉が、帰宅した人の動きによって空中に舞い上がり、花粉症を引き起こすことがあります。またスギ花粉は昼前後と日没前後に多く飛散します。夜間にも意外と多くの花粉が舞っているのです。
時間差で症状が出ることも
アレルギー性鼻炎には、アレルゲンを吸い込んでから数分~数十分内に起こる「即時相反応」と、6~10時間くらいあとになって起こる「遅発相反応」があります。粘膜の腫れや鼻づまりなどは「遅発相反応」で起こるので、昼間に吸い込んだ花粉による症状が夜間に現れるのです。
夜間になると花粉症の症状がひどくなることも
夜間に発症する花粉症は、
・鼻づまりなどで十分に睡眠がとれないことによる睡眠不足
・鼻づまりなどで呼吸が浅くなり、十分な酸素が行きわたらないことによる脳の機能低下
といった症状を引き起こすことがあります。
これが原因で、昼間に眠気やだるさを訴える人も少なくありません。