花粉・アレルギー性鼻炎には、アレジオン10(アレジオン:シリーズ) /製品情報【エスエス製薬】

TOP > 製品情報 > アレジオン10
このページをブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Buzzurl
  • livedoorクリップ
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks

アレルギー用薬
アレジオン10

  • 要指導医薬品
  • 錠剤
  • 15才以上

アレジオン10剤型画像

白色~微黄色フィルムコーティング錠

寝る前に1回の服用で
朝から効き目が続く!
花粉・ハウスダストによる
鼻のアレルギー症状の緩和に。

アレジオン10は、第2世代抗ヒスタミン成分に分類されるエピナスチン塩酸塩を配合したアレルギー専用の鼻炎症状改善薬です。花粉やハウスダストによる鼻炎症状は、それらを吸い込んだ時にヒスタミンやロイコトリエンといった原因物質が体内で放出されることで起こります。エピナスチン塩酸塩は、原因物質の作用を阻害するとともに、放出自体を抑えることでアレルギーによる鼻炎症状にすぐれた効果を発揮します。

※アレジオン10は、「要指導医薬品」のためインターネット通販で購入することはできません。

こんな方におすすめ/こんな時におすすめ

・花粉・ハウスダストなどによる鼻炎症状にお悩みの方

・特に起床時の鼻炎症状がつらい方

・日中に眠気やパフォーマンスの低下を起こしにくい薬をお探しの方

  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻みず、鼻づまり、くしゃみ

製品特長

特長1
<医療用成分>エピナスチン塩酸塩がアレルギー性鼻炎に効く
特長2
成分が脳内に移行しにくいから、日中に眠くなりにくい
特長3
1日1回の服用だから飲み忘れしにくく、朝から効き目が続く

アレジオン10が効くしくみ

鼻炎のつらい症状を緩和する効果はそのままに、「眠くなりにくい」を考えた薬です。

アレジオン10 CM「つらくない朝」篇

「アレジオン10」紹介動画

用法・用量

次の1回量を1日1回、就寝前に水又はぬるま湯で服用してください。

年齢成人(15才以上)15才未満
1回量1錠×服用しないこと

[ 用法・用量に関連する注意 ]

  • (1) 用法・用量を厳守してください。
  • (2) 花粉など季節性のアレルギー性鼻炎による症状に使用する場合は、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
  • (3) 錠剤の取り出し方
    錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

成分 1錠(1日量)中

成分 分量 はたらき
エピナスチン塩酸塩 10mg 花粉、ハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状をおさえます。

添加物:無水ケイ酸、乳糖、ヒプロメロース、ポビドン、アクリル酸エチル・メタクリル酸メチルコポリマー、マクロゴール、シリコーン樹脂、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン

容量・価格

容量希望小売価格
6錠税込1,316円(税抜1,219円)
12錠税込2,036円(税抜1,886円)
  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

使用上の注意

[してはいけないこと]

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

  • 1. 次の人は服用しないでください
    • (1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    • (2) 15才未満の小児。
    • (3) 次の診断を受けた人。
      肝臓病
  • 2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
    他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)
  • 3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
    (眠気等があらわれることがあります。)
  • 4. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
  • 5. 服用前後は飲酒しないでください

[相談すること]

  • 1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
    • (1) 医師の治療を受けている人。
    • (2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
    • (3) 高齢者。
    • (4) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    • (5) アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
  • 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
    • 関係部位症状
      皮膚発疹・発赤、はれ、かゆみ
      消化器吐き気・嘔吐、口内炎、胃部不快感、腹痛、胃重感、胃もたれ感、腹部膨満感、食欲不振
      精神神経系めまい、不眠、頭痛、頭がボーッとする、しびれ感
      呼吸器息苦しい
      循環器動悸
      泌尿器排尿困難、頻尿、血尿、蛋白尿
      その他むくみ、ほてり、胸痛、痰がからむ、倦怠感、鼻づまり、月経異常、苦味を感じる、味覚が弱くなる
    • まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
      症状の名称症状
      肝機能障害発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
      血小板減少血液中の成分である血小板の数が減ることにより、鼻血、歯ぐきからの出血、青あざ等の出血症状があらわれる。
  • 3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
    口のかわき、便秘、下痢、眠気
  • 4. 1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
  • 5. 症状の改善がみられても2週間を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談してください

保管及び取扱い上の注意

  • 1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
  • 2. 小児の手の届かない所に保管してください。
  • 3. 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
  • 4. 使用期限をすぎたものは服用しないでください。
  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

製品に関する掲載情報は、すみやかに最新情報に更新するように努力しておりますが、実際の製品表示(パッケージの表示や添付文書等)とは異なる場合もあります。ご使用に当たっては、お手持ちの製品表示をよくお読みください。※全ての製品に添付文文書があるわけではありません。

このページのTOPへ

こっちもCHECK♪♪

※「おすすめ関連製品」は現在閲覧されている製品のカテゴリに近い製品をランダムに表示しています。併用を薦めるものではありません。