CMギャラリー

  • mixiチェック

イブクイック頭痛薬DX CM

TV-CMについて

篠原涼子さんがイメージキャラクターをつとめるイブクイック頭痛薬DXは、つらい頭痛に速く、高い効果を発揮します。今回のTV-CMでは、「つらい頭痛に付き合っているヒマは、ない!」というインパクトのあるメッセージを通じて、“頭痛に悩む現代女性にイブクイック頭痛薬DXを是非試してほしい”、そんな強い思いが込められています。イブクイック頭痛薬DXをイメージしたクールな世界観の中で、身近で語りかけてくるような 篠原涼子さんの表情にもご注目ください。

CMストーリー

深いブルー×ゴールドのEVEロゴ、パッケージと同じ配色が目を引く空間の中、篠原涼子さんが「つらい頭痛に付き合っているヒマは・・・ない!」と頭痛に悩む女性の気持ちを代弁するシーンから始まります。
さぁ!イブクイック頭痛薬DX」の声と共に篠原涼子さんが製品を差し出すと、「DX」の文字が光り、「イブ史上No.1 (※)。速攻、高効果。」のナレーションと共に、すばやく痛みのもとを狙って痛みを鎮めます。
最後は、頭に指を触れたキュートな仕草の篠原涼子さんが「効くでしょ?」と語りかけた後、「私は、イブクイック頭痛薬DX」と柔らかくも意思のある表情で締めくくります。
本製品が、“頭痛に悩む多くの現代女性を早く痛みから解放したい”という思いから生まれた、高い効果を期待できる製品であることを伝えます。

※ 1回量(2錠)中イブプロフェン(200mg)に、酸化マグネシウムを追加配合した処方

撮影エピソード

撮影は2月、都内近郊のスタジオで行われました。働く女性を意識した清潔感のある白い衣装を着こなした篠原涼子さん。スタジオに登場すると、途端に華やかな雰囲気に包まれました。
ユーモアに溢れた監督とのやり取りに、篠原涼子さんも終始笑顔の撮影現場。ただ、カメラが回ると一転、キリッとしまった表情から、親近感のある柔らかい表情まで、メリハリの利いた演技でスタジオの空気はぐっと引き締まります。細かい指示にも的確に対応し、監督からは申し分のない「カット!」の声。
撮影は順調に進行し、笑顔でスタッフに挨拶されスタジオを後にしました。

撮影エピソード
元気な挨拶と共に現場入りする篠原さん
撮影エピソード
監督とのやり取りに終始笑顔
撮影エピソード
本番に入り、表情も引き締まります
撮影エピソード
上からのカメラアングルに初チャンレンジ!
撮影エピソード
全てのカットを撮り終わり、笑顔の篠原さん
撮影エピソード
順調に撮影終了!お疲れ様でした

PAGE TOP

篠原涼子さんプロフィール

篠原涼子(しのはらりょうこ)
1973年8月13日生まれ、B型、群馬県出身

<主な作品>
映画

「ステキな金縛り~ONE IN A BLUE MOON~」(2011年)
「ONE PIECE FILM Z」(2012年)
「ワールド・ウォーZ」(2013年)
「アンフェア the end」(2015年)

ドラマ
「東野圭吾ミステリーズ-第10話『二十年目の約束』」(CX/2012年)
「ラスト・シンデレラ」(CX/2013年)
「アンフェア the special ダブル・ミーニング~連鎖~」(CX/2015年)
「オトナ女子」(CX/2015年)

PAGE TOP