トップページ > 製品情報 > 正しく服用を続けるために

チェック
  • 製品情報
  • こんな足のむくみで悩んでいませんか
  • 足のむくみに効く仕組み
  • アンチスタックスの効果~臨床試験結果~
  • 足のむくみのために、まずは3週間
  • 正しく服用を続けるために

正しく服用を続けるために

服用開始後、どの位経ってから効果を感じられるようになりますか?

効果の発現には、個人差がありますが、臨床試験での改善率は、中等度以上の改善率でみると服用3週後で30.9%、6週後で55.1%、12週後で82.7%となっており、継続服用により改善率が高まっています。

アンチスタックスの臨床試験結果はこちら

アンチスタックスの安全性(副作用)について教えてください。

国内の臨床試験(安全性の解析対象例数180例)において、12例(6.7%)13件の副作用(自覚症状・他覚所見)が認められました。主なものは、便秘、上腹部痛、腸炎の「胃腸障害」等でしたが、いずれも軽度であり、回復または軽快しています。

アンチスタックス服用中にかぜ薬や解熱鎮痛薬を服用したいのですが、どうしたらよいですか?

アンチスタックスに配合されている赤ブドウ葉乾燥エキス混合物は、血小板凝集抑制作用が確認されており、解熱鎮痛成分(NSAIDs)と併用すると、出血したときに血が止まりにくくなるなどの副作用が懸念されています。安全性を考慮し、かぜ薬や解熱鎮痛薬を服用するときは、アンチスタックスの服用を一時中断してください。かぜ薬や解熱鎮痛薬の服用が終わったら、アンチスタックスの服用を再開してください。

3週間の服用により、症状がよくなった気がします。さらに続けて服用してもよいでしょうか?

はい。大丈夫です。継続服用するに従い、改善傾向が高まることが臨床試験でも確認されています。
ただし、12週間(3ヵ月)を超えて服用する場合は、一度、医師または薬剤師に相談ください。

なお、3週間程度服用しても症状の改善が見られない場合は、むくみの原因が他にあることが考えられますので、服用を中止し医師または薬剤師に相談してください。

12週間(3か月)を超えて服用を継続してもいいですか?

アンチスタックスは12週間(約3ヵ月)の国内臨床試験により有効性、安全性の評価がなされてます。この期間を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師にご相談の上、服用してください。

服用は朝食前、朝食後のいつが良いですか?

食前食後どちらでも構いません。

足のむくみ以外には服用できないのですか?

足以外のむくみには服用できません。アンチスタックスは、軽度の静脈還流障害による足のむくみに効果をあらわします。足以外のむくみや全身のむくみについては、肝臓、腎臓、心臓その他の疾患によることが考えられますので、服用は避けて医療機関を受診してください。

20才未満の方は服用できないのですか?

本医薬品は20才以上の方を対象にした医薬品です。

60才以上の人でも服用できますか?

一般に高齢の方は生理機能が低下していたり、持病で医療機関を受診している方が多いため、60才以上の方は医師または薬剤師にご相談のうえ服用ください。

妊娠中や授乳中に服用してもよいですか?

妊婦または妊娠していると思われる方は、服用できません。 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。

カプセルはどのくらいの大きさですか?

アンチスタックスのカプセルは実測で 19mm(全長)×6mm(径)ほどの大きさです。

カプセルの材質とその特徴を教えてください。

カプセルには、植物由来のセルロースを使用しています。セルロースカプセルは、比較的柔らかいという特徴があります。そのため、シートからカプセルを取り出す際に必要以上の力がかかると、カプセルにへこみが生じる場合があります。 取り出す際には、その点ご注意ください。 成分・内容物には影響ありませんので、へこみが生じてしまった場合は、元に戻そうとせず、そのままお飲みください。

アンチスタックスは西洋ハーブ医薬品なのですか?

はい。アンチスタックスの有効成分は天然物由来の赤ブドウ葉乾燥エキス混合物であり、欧州医薬品庁(EMA)の規格書に収載されている基原植物を使用しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

アンチスタックスはどこで生産されているのですか?

スイスの会社で生産されています。日本の医薬品製造に関する基準(GMP基準)に適合した施設内で製造したものを輸入しています。

▲ページ上部へ

・この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。

・3週間位服用しても症状がよくならない場合、また症状の改善がみられても12週間(約3カ月)を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。